segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

新着情報

20.09.20

正しい洗顔、できてますか?NG行為と気をつけるポイント

毎日お顔を洗ってお手入れもして、夜更しもしていないのになんだかお肌がくすんでる、ゴワゴワしている…。
そんなときは、スキンケアの基礎中の基礎である洗顔を見直してみましょう。
お顔の洗い方ひとつで、今の悩みが改善する場合があります。
正しくお顔を洗えればもちろん素肌は清潔に美しくなりますし、化粧水の浸透やメイクのノリも違ってきます。
何よりお顔を洗うたびに鏡を見るのが楽しくなるし、自分のお肌が好きになりますよ!

正しい洗顔とは何か

正しい洗顔、それは「お肌を擦らず洗うこと」です。
お顔は、皮膚の中でも特に薄く、刺激に弱い場所。
強い力や摩擦で傷つきやすいので、常に丁寧に触れる必要があります。
ですから、洗顔は皮膚と手の間に泡のクッションを挟み、手が直接触れないよう泡を転がしながら洗うことが大切です。
そんな場所に、あなたは毎日どんなふうに触れていますか?

あなたは大丈夫?普段の洗顔チェック

まずは、自分が普段どんな洗顔をしているかを見ていきましょう。
洗顔で、こんなことしていませんかorありませんか?

・毎日「しっかり」洗っている
・洗顔後にお肌がつっぱる
・お顔を洗わず寝てしまうことがある
・洗顔料は適当に買っている

毎日「しっかり」洗っている

洗いすぎ、力の入れすぎ、擦りすぎるくらいしっかり洗っていませんか?
皮膚への刺激は、お肌の大敵である肌荒れを起こします。
一日二日では影響は出ませんが、続けていけばいくほどシミ・くすみ・シワ・たるみとなってダメージが現れていきます。

洗顔後にお肌がつっぱる

これは、一概に悪いと言えない場合があります。
何故なら、メイクや皮脂やお顔の汚れが落ちている証拠でもあるからです。
お顔を覆うものが一時的になくなることで、つっぱった感じになるのです。
洗顔後につっぱるのが気になるなら、もう少し洗浄力のやさしい洗顔料に変える方が安心してお顔を洗えるでしょう。
洗顔後保湿をせず10分程度置して、それでもつっぱっているときは、洗顔料や洗い方の見直しが必要です。

お顔を洗わずに寝てしまうことがある

たまに疲れて寝落ちしてしまうくらいなら問題ありませんが、週に何回も洗わない日があるようではいけません。

だって、頻繁にお顔を洗わないとお肌はどうなるでしょうか?
毛穴は黒く目立ち脂は浮き、お顔全体は溜まった汚れで黒ずみ、手触りはザラザラゴワゴワになり、皮脂が溜まってニキビができ、それを隠すためにメイクをして…。
ちょっと、ぞっとしてしまいますね。
清潔さと清潔感は男女問わず必要なもの。
基本的に、その日の汚れはその日に落とす
生きている限りこれを鉄則にしましょう。

洗顔料は適当に買っている

適当に買ったものがたまたまお肌に合っていれば問題ありませんが、合わないものを使い続けているとお肌は傷みます。
例えば、乾燥肌なのに洗浄力が強い洗顔料を使っていれば、乾燥はどんどん進んでしまいますよね。
日本の化粧品に粗悪なものはそうそうありませんが、それと合う合わないは別です。
自分のお肌がどんなタイプか、悩みは何かをよく吟味して購入するようにしましょう。
合わなかった洗顔は、ボディかハンド用にでも使ってしまえばOK。

正しい洗顔をするメリット

まずは正しい洗顔をするとどんなことが起こるかを見てみましょう。
メリットを知れば、動機に繋がります。

お肌に透明感が出る

汚れ・余分な皮脂・角質がきちんと落ちていくことで、段々と「誰もが本来持っている明るい素肌」が戻ってきます。

基礎化粧品のノリが良くなる

上に同じく、汚れや角質が落ちる=化粧水など基礎化粧品の邪魔をするものがいなくなり、美容成分が浸透しやすくなります。

メイクのノリが良くなる

くすみや荒れのない素肌は保湿もしやすいため、なめらかな肌になり、ファンデーションも塗りやすく&ノリやすくなります。
そのため、いつもと同じメイクをしても、仕上がりが違ってきます。
アラを隠す必要がなくなるので、ベースメイクも薄いもので済むようになります。
メイクが薄ければ洗顔も軽いもので済む…と、お肌に負担のないループが出来ていきますよ。

スキンケアに大切な「やさしく丁寧な手つき」が身につく

スキンケアには、ゆっくり丁寧な手つきと穏やかな気持ちが必要です。
さっさと済ませたい気持ちや、お肌に自信がないことからの焦りは早急で雑な手つきに繋がります。
気持ちは手つきに出るのです。
なので、お顔を洗っているときは、自分の気持ちが上がることを考えることがおすすめです。
「嬉しい、楽しい、気持ちいい」
「10日後のお肌が楽しみだな」
など、明るいことを考えながら洗いましょう。
「自分が推し(好きな人)のお顔を洗うことになったらどう触る?」と想像するのも良いですね。
だって、好きな人のお肌を乱暴には触りませんものね。
自分のお肌にも、同じように接してあげましょう。

人から褒められる

地道に正しい洗顔を続けていると、そのうち周りの人から「最近お肌がきれいになったね」と褒められることがあります。
それは家族かもしれないし、お客様かもしれないし、友人や恋人かもしれません。
褒められることは自信につながり、あなたの心を豊かにします。
お肌がきれいになると、生き方や考え方にも良い影響を与えるのです。

また、褒められたときに「いえいえ、私なんて…」と謙遜せず、素直にお礼を言うことも大切です。

悩み知らずの素肌のため、気をつけること

次は、透明感溢れるつやつや素肌になるため、洗顔のときに気をつけたいことをチェックしていきましょう。
すべてちょっとしたことではありますが、ここを改善するとのちのちのお肌が違ってきます。

爪を切っておく

洗顔中、長い爪先が万が一お肌を引っ掻いたら?眼球をかすめたら?
そうですね、危険ですね。
傷跡が残るかもしれませんし、そこから雑菌が入ることもあります。
また、失明の可能性もあります。
爪は、普段から短く切りそろえておきましょう。
(※職業によってはこの限りではありません。その際は、じゅうぶん気をつけてお顔を洗って下さいませ)

洗顔前に手を洗う

お顔の汚れを落として清潔にするためには、まずは手指が清潔でなければいけません。
特別なものを使う必要はありませんので、指の股や爪の間など洗い忘れがちな部位に気をつけながらすみずみまで洗いましょう。

泡立ては道具に頼る

チューブタイプの洗顔を使おうが固形石鹸を使おうが、大切なのは「肌と手の間に泡のクッションがある」ことです。
ただ、泡立てって結構面倒なんですよね…。
動画を見て練習してみてもうまく行かなかったりしますし…。
なので、こういうものは道具を使って楽をしましょう。
今はメッシュの細かい泡立てネットや泡立て器など、便利なグッズがたくさん売られています。
モコモコの泡があると、それだけでちょっとテンションが上がりますよね。
ご自分の使いやすい道具を選んで、洗顔に役立てて下さい。
もっとも楽をするなら、押すだけで出てくる泡タイプの洗顔フォームがおすすめです。
なんせ泡立て作業から解放されますからね。

冷水や熱いお湯でお顔をすすがない

お料理のあと、フライパンを放置しておくと油って白く固まりますよね。
で、温めると溶けますよね。
お顔の皮脂も、温かくなると皮膚から溶け出していきます。
冷水での洗いは、気分がスッキリするだけで落とすべき余分な脂は落ちていかないんです。
真夏の寝起きなんかは特に気持ち良いんですけどね。
どうしてもお水で洗いたい!という方は、ぬるま湯を使って洗顔をし、汚れが落ちたあとに冷水を当てるようにして下さい。
さて、冷水がダメなら熱いお湯で洗えば良いじゃない!と行きたいところですが、お湯の温度が熱すぎると今度はお顔に必要なぶんの脂まで溶けていって、皮膚がカサカサになります。
皮脂というのは流出と維持のバランスが面倒なやつなのです。
間をとって、32~35度程度のぬるま湯で洗うのが汚れも落ちやすく、お肌への負担も少なく洗えます。
蛇口から出るお湯を手首に当て、ちょっとぬるいかな?くらいの温度です。
お湯はたっぷり使い、泡をきっちり落として下さいね。

指の先を反らせない

湯呑を持つとき小指が立つ癖のように、洗顔中、指先を反らせてしまうことがあります。
この手つきで洗うと、お顔を洗うための手指の面積が減ってしまいます。
指の腹まで使い、泡を転がすように洗うことで洗い残しが減り、お顔をまんべんなく洗えます。
てのひら全体で卵を包み込むようなイメージで、指先まで使って洗顔をしましょう。

タオルは動かさない

お顔を拭く時はタオルをゴシゴシ動かさず、タオルを当てている部分の水分を吸い取るようなイメージで拭きましょう。
ぽんぽんと、少しずつ場所を変えて押さえ拭くと摩擦が起きにくくお肌を傷つけにくいですよ。

やってみると意外と簡単

色々な注意事項があって面倒そうに見えますが、実際やってみると簡単です。
とりあえずは
・泡は便利グッズでモコモコに泡立てる
・泡を転がしながらやさしく洗う
・ぬるま湯ですすぐ
・タオルはポンポン拭きをする


この4つを意識し、今日の洗顔から実践してみて下さい。
スキンケアは、小さな積み重ねが未来の美肌を作ります。
お肌がきれいだと、自分のお肌を好きになったり、メイクが楽しくなったり、いいことが沢山あります。
その「いいこと」の第一歩が洗顔なのです。
毎日をたのしく過ごすためにも、ぜひお肌を傷めない洗顔をマスターして下さいませ。

楽してきれいに洗いたい!

とはいえ何かとめんどくさい、長続きしないという方には泡で出てくる「泡あわクレンジングフォーム」がおすすめ。
液体を専用容器に詰め替えるだけで、マシュマロのようなやさしいモコモコ泡が使えます。
マイルドな洗浄力で、2回洗いをしても低刺激!
汚れを落とすだけでなく、洗いながら保湿もできる一石二鳥のフォームです。
泡で出てくるから泡立ての必要もないから、洗いたい時に好きなだけ泡が出せます。


動画もあります

お顔の洗い方を当社スタッフが動画にしました。
「美人のツボ」洗いは、リンパを流すことで小顔効果が期待できますのでぜひ取り入れて下さい。
耳の下をちょっとぐりぐり刺激するのもおすすめです。
首のラインを洗うことでマッサージになり、首と近い位置にある肩も軽くなるので、「洗顔のときは首も洗う」「肩の動きをチェックする」を意識して下さると嬉しいです。

動画内で名前の出た商品は当社オンラインショップにて取扱中です。
洗顔フォームからシャンプーまで、基礎化粧品を中心に皆様の美肌づくりのお手伝いを致しております。