segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

セグロラ通信

20.12.18

【メディアに掲載されました!】栃木の柚子シャンプーの魅力とは

那須塩原市や大田原市の地域情報を発信する「のあのあ」で、セグロラ化粧品の「栃木の柚子シャンプー」が紹介されました。

そこで、今回は掲載情報&商品の魅力をご紹介。シャンプーの誕生秘話やこだわり、こめられた想いなどをお伝えします。

目次

  1. ■「のあのあ12月号」は見逃せない!
  2.  ・「のあのあ」とは?
  3. ■栃木の柚子シャンプー誕生秘話
  4.  ・オーナーの熱い想いに応えるべくはじまった商品開発
  5.  ・なぜシャンプーなのか?2つのポイントに着目
  6. ■栃木の柚子シャンプーのこだわり
  7.  ・頭のてっぺんからつま先まで洗える
  8.  ・クリーミーな泡立ちが心地よい
  9.  ・洗った後は髪もお肌も「素」にもどる
  10.  ・トリートメントでより美しい髪に
  11.  ・お客様の声
  12. ■コロナ禍の今だから使って欲しい
  13. ■メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

「のあのあ12月号」は見逃せない!

「のあのあ12月号」にセグロラ化粧品の「柚子とお米で感じるほのかな和 栃木の柚子 シャンプー」が掲載されました。

セグロラ化粧品は、「栃木発コスメの販売」を通して県や那須塩原市の活性化を応援しています。そんな中、地域に根差した情報誌で商品の魅力を伝える機会が持てました。

「のあのあ」は野田新聞店の購読者様に折込として配布されます。お手元に届いた方は、ぜひ、ご確認ください。

こちらの記事が届きます↓

このほかにも、お得な情報が盛りだくさんです!「新聞を購読していないわ!」という方は、「のあのあ12月号」のサイトをチェックしてみてくださいね♪

「のあのあ12月号」はココからチェック

「のあのあ」とは?

「のあのあ」は2003年に誕生した地域情報誌で、発行元は野田新聞店。N=noda、nishinasuno、O=otawara、A=asahiが「のあのあ」の由来です。

2015年12月第296号から休刊していましたが、地域貢献や読者様に質の高い情報を提供したいという想いから2020年8月に満を持して復刊しました。

地域に根差した情報発信ができるのは、新聞販売店ならではです。

栃木の柚子シャンプー誕生秘話

メディアで紹介されるまでになった栃木の柚子シャンプーですが、ここに至るまでは数年がかり、試行錯誤の連続でした。

すべての始まりは、『なかやゆず園』オーナー様の「うちの柚子を使って商品を作ってくれないか?」という一言でした。

オーナーの熱い想いに応えるべくはじまった商品開発


※写真/なかやゆず園のゆず

県北一の柚子園を目指すなかやゆず園のオーナー様は、「本場の高知に負けない柚子を作りたい」「栃木の隠れた名産品を多くの人に広めたい」という熱い想いをお持ちでした。

そして、セグロラ化粧品も、長年にわたり「栃木の魅力を発信する手伝いをしたい」「那須塩原市を応援したい」と考えてきました。

だからこそ、なかやゆず園のオーナー様の想いに共感し、栃木のゆずを使った商品開発をスタートしたのです。

なぜシャンプーなのか?2つのポイントに着目

栃木のゆずを配合する商品をシャンプーにしたのには理由があります。

【ポイント1  香りでリラックス】

国内でゆず生産の先駆けといえば四国地方で、ブランド志向の高い日本人に重宝されてきました。しかし、栃木のゆずは四国の柚子に負けない、香り高さと奥深い味わいを秘めています。

ゆずの香り成分リモネンにはリラックス効果があり、神経を落ち着かせて気持ちを穏やかにし、ストレスをやわらげると言われています。


【ポイント2  お風呂=リラックスタイム】

日本はお風呂をこよなく愛する国と言えるのではないでしょうか。

10分の全身浴は疲労回復に有用ですし、入浴中は浮力で体が重力から解き放たれ、リラックスできます。首までお湯につかると、体重の10分の1の軽さになると言われているんですよ。


2つのポイント「栃木のゆずの香りを最大限に、生かしリラックスにつなげる」「日本人にとって入浴は癒しと深い関りがある」に着目。

リラックス効果を最大限引き出すために、開発するのはシャンプーに決定しました。

お客様の声を取り入れ、およそ3年近く試行錯誤して商品が誕生。2019年のオンラインショップ立ち上げに合わせて、販売をスタートしました。

栃木の柚子シャンプーのこだわり

セグロラ化粧品となかやゆず園の熱い想いから生まれたシャンプーは、那須塩原市で獲れたゆずを使った「万葉柚子エキス」を配合。

天然の柚子の香りで、バスタイムがリラックスしたひと時になります。さらに、頭皮や毛髪、お肌へのこだわりがギュッと詰まっています。

頭のてっぺんからつま先まで洗える

シャンプーとしてだけでなく、ボディソープにしてもOK。アミノ酸処方で頭皮やお肌に必要な皮脂は残してうるおいを守るので、美髪の土台となる頭皮環境を整えます。

やさしい洗い上りなので赤ちゃんから大人まで、年齢や肌質を問わずお使いいただけます。

クリーミーな泡立ちが心地よい

アミノ酸系シャンプーは泡立ちが悪いと言われがち。ですが、栃木の柚子シャンプーはクリーミーな泡立ちが魅力です。ふわふわモコモコの泡に包まれて至福のバスタイムが過ごせます。

洗った後は髪もお肌も「素」にもどる

柚子エキス(保湿成分:ユズ果実エキス、柚子果皮エキス/香り成分:ユズ果皮油…)とお米(保湿成分:コメ発酵液)のほか、オタネニンジンエキスやアルニカ花エキスを配合。

髪はきしみにくくふんわり、肌はうるっとなめらか、素にもどるマイルドな洗い上りです。

トリートメントでより美しい髪に

髪のパサつきやうねりが気になる方には、トリートメントの併用をおすすめしております。髪に残留しにくい処方で軽い使い心地なので、パーマやカラーのかかりを邪魔せず、頭皮にかゆみが出にくいのが魅力です。

お客様の声

ご使用いただいたお客様から、うれしいお声が届いているので一部紹介します。

・40代 女性
「使って良かった!」の一言に尽きます。アミノ酸系のシャンプーにありがちなきしみはなく、洗い流すと素の髪に戻ります。また、市販のコンディショナーはかゆみが出るのですが、コチラは大丈夫でした。


・50代 男性
洗う際にきしみがなく、乾かすとサラサラになりました。髪にハリが出たように感じます。また、全身つかえるとのことで、シャンプーと一緒に体も洗えるのでラクですね。


・50代 女性
頭皮の臭いが気になっていましたが、もこもこの泡で洗ったらさっぱり。髪にツヤが戻り、若々しく見えると言われました。

健やかな頭皮を目指す方へ

コロナ禍の今だから使って欲しい

2020年、私たちは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けています。

外出自粛、新しい生活様式、テレワークなどライフスタイルが大きく変化。終息が見通せず、感染の不安などもあわせて心身ともにストレスを感じている方も多いことでしょう。

だからこそ、リラックスする時間の重要性が高まっています。栃木の柚子シャンプーがみなさまのリラックスの一助となれば幸いです。ぜひ、一度、栃木の柚子シャンプー&トリートメントを試してみてくださいね。

メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今メルマガまたは公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!
セグロラ化粧品メルマガはこちら