segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

新着情報

21.04.02

メイクの上から保湿はできる?日中、乾燥を感じたときにやりたいこと

4月に入り、ぽかぽか陽気で身も心も穏やか。
でも、外気の乾燥が落ちついたのに、お肌が乾燥気味でちょっとゆううつ…なんてことはありませんか?
秋冬の乾燥シーズンだけでなく、春のゆらぎや夏の紫外線、冷暖房の影響などで、1年を通して乾燥の原因はあるんですよ。
朝晩のスキンケアだけでなく日中も保湿ケアも取り入れて、「乾き知らず」のお肌を目指しましょう。

お肌を乾燥させる原因は?

お肌の乾燥を実感していないときでも、内部では乾燥が進行している場合があります。
なぜなら、私たちのお肌は365日、乾燥の原因にさらされているからです。
季節ごとにどんな原因があるかチェックしておきましょう。

【春】紫外線や花粉によるゆらぎ

春は紫外線が徐々に増えて、お肌がダメージを受けます。
また、花粉の刺激も重なって「ゆらぎ肌」になることも。
肌がゆらぐのは、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れるからです。
ターンオーバーが乱れれば、お肌は内部のうるおいを守れません。

春のゆらぎ肌について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

トラブル急増!?お肌や頭皮がかゆい!春のゆらぎ肌の対処法

【夏】紫外線・汗・皮脂・室内の乾燥

1年でもっとも紫外線が強くなる夏。
紫外線はお肌の表面の乾燥や、内部にダメージを与えてターンオーバーの乱れを引き起こします。
また、汗や皮脂の分泌量が増えて、顔をタオルで拭く回数も増える時期です。
拭き取りによって、お肌に必要な皮脂を奪いすぎたり摩擦ダメージを起こしたりと、お肌の乾燥がすすみます。

さらに、室温を下げると同時に除湿して、湿度低下につながる冷房の影響も見逃せません。
夏は、汗や皮脂でお肌がうるおっているように感じがちですが、実は内部では着々と乾燥が進行します。

【秋】外気の乾燥スタート

夏の乾燥ダメージを引きずった状態に加え、外気の乾燥がはじまるため、お肌内部の乾燥が加速します。

【冬】屋内外の乾燥

外気の乾燥が厳しくなります。
さらに、室内では暖房器具を常用するシーズンです。
温風が直接お肌にあたれば、表面の水分を奪って乾燥につながります。
また、エアコン暖房で室内の湿度が低下。
湿度が50%を下回ると、お肌の乾燥がすすみます。

日中の保湿ケアができるアイテムはある?

さまざまな乾燥の原因にさらされているお肌。
だからこそ、日中も保湿ケアをして、お肌のうるおいをキープしたいもの。
ですが、女性はメイクをしていますよね。
「普通にスキンケアをしたら、メイクが崩れちゃう」と感じることでしょう。
メイクの上から使えるといわれる保湿アイテムをチェックしておきましょう。

お手軽ミストスプレー

メイクの上から保湿できるアイテムの中で、代表的なのがミストスプレーです。
手軽に水分補給できるので、常備している方も多いのではないでしょうか。

ですが、「保湿とは水分と油分を与えること」です。
ミストスプレーは美容成分が入っていても、基本は水分です。
スプレーした化粧水の水分が蒸発するときに、お肌を乾燥させる可能性が否めません。

うるおいを守るバームやスティック

メイクの上から使えるバームやスティックタイプの保湿剤は、油分を補えるアイテムです。
乾燥が気になる目元や口元になじませると、油分の膜ができてお肌の水分が逃げるのを防げます。

しかし、水分を補えないのが難点。
うるおいがないお肌に油分のみを補うのは、正しい保湿とは言えません。

ミストスプレーとバームは併用がおすすめ

ミニサイズのミストスプレーやバーム、スティックの保湿剤は携帯するのに便利なのがメリット。
これらの商品で保湿ケアをするなら、併用するとそれぞれのデメリットを補えます。

メイクの上から保湿するならコレを使う!

保湿は、水分+油分を組み合わせるのが大切。
だから、手軽なミストスプレーやバームのみはNG!
また、バームやスティックでは、お顔全体の保湿にはむかない場合もあります。

セグロラ化粧品なら、メイクを崩さずお顔全体の保湿ケアができますよ。

①オイルインのAPローションで簡単ケア

APローションはユーカリ油配合のオイルイン化粧水。
アミノ酸、植物エキスもバランス良く入っているので、ちょっと乾燥を感じたときの保湿ケアにぴったりです。

【保湿の仕方】
顔を上にむけ、APローションを上に向かってスプレー。
顔全体に化粧水を浴びるようにします。
スプレー後は、手のひらでやさしく押えてなじませましょう。
顔に一気に吹きかけると、メイクが崩れるので注意!

【+αの保湿ケア】
目元や口元などは皮膚が薄く、特に乾燥しやすいパーツです。強く乾燥を感じるなら、モイスチャライジングクリームを指の腹でちょんちょんとなじませると良いでしょう。

APローションは、さっぱりとした使い心地ながらしっかりお肌を潤す、敏感肌の方にもお使いいただける化粧水です。どんな肌質にも馴染むので、混合肌・オイリー肌の方にもおすすめです。 赤ちゃんから大人までどなたでもお使いいただけるよう、人間が本来持っている天然保湿因子(NMF)に欠かせない必須アミノ酸や植物エキスをバランス良く配合しました。 すぐお肌に入り込むので、二度、三度重ね付けしてもさっぱり・しっとりのまま。 スキンケアはもちろん、乾燥が気になる頭皮・肘・かかと、赤ちゃんの身体の保湿にも使えます。 ジェルやAPクリームと混ぜて保湿力を高めるのもおすすめです。 乾燥にお悩みの方には、就寝前にAPローションとAPクリームを掌で混ぜてのお手入れがおすすめです。

オールモイスチャライジングクリームは肌荒れや乾燥といったお肌の気になるところへいつでもつけられる、できるだけ低刺激なものでお肌を整えてあげることを第一に考えたクリームです。 女性はもちろん、お子様からご年配の方まで幅広い年齢の方にお使いいただけるよう、成分にも配慮したやさしい基礎化粧品です。

②水分と油分をしっかりチャージするブレンドジェルクリーム

水分と油分がバランス良く配合されているので、日中、しっかり保湿ケアしたいときにおすすめです。

【部分のケア】
少量のブレンドジェルクリームを、指の腹で乾燥が気になる部分に塗ります。
塗るときは一方向にすっとすべらせるだけでOK。
指を左右・上下に動かすとメイクが崩れかねません。

【お顔全体のケア】
油分を含んだジェルでお顔全体の保湿をするので、少しメイク崩れがおきる場合があります。
そのため、メイク直しのタイミングに取り入れのがベター。

少量のジェルを手のひらに広げて、肌にそっと押し当てます。
ファンデやアイメイクが崩れている部分は、綿棒の先にジェルをつけて、やさしく転がすようにしながらふき取りましょう。

ブレンドジェルクリームは、植物エキスをふんだんに用いた子供から大人まで使えるオールインワンジェルです。
選び抜かれた20種以上の高ランク植物エキスを高濃度・高配合。お肌に優しい成分を意識して作り上げ、長年お客様から愛されている商品です。
ゲル状なのでお肌を擦らず、穏やかにケアができます。
洗顔後のスキンケア、髭剃り後の肌の保護、化粧下地、赤ちゃんのマッサージ、角質落とし等、様々なシーンでお使いいただけます。

③保湿ケアとお化粧直しを同時に!ネネファンデーション

植物エキスや保湿成分をたっぷり配合したネネファンデーションは、まるで美容液のようなアイテムです。
保湿力が高い&薄付きで厚塗りにならないファンデなので、保湿ケアとお化粧直しが同時にできますよ。

【保湿の仕方】
メイク崩れが気になる部分は、先に、ブレンドジェルクリームをつけた綿棒やコットンでやさしくオフしておくと〇。

ネネファンデーションをパール1粒大、手の甲に出して、指やスポンジで塗りましょう。
乾燥が強い時期は、ネネファンデーションの前にAPローションをひと拭き⇒ティッシュオフするのもおすすめです。

お肌を明るく元気に見せる、薄付きのリキッドファンデーションです。 素肌を元気に美しく導くため、シルク・クロレラ・アロエベラ等の美容成分を豊かに配合。 乾燥によるくすみ、毛穴や凹凸をカバーし、お肌のキメを整えます。 また、紫外線からお肌を守るUV効果も期待できます。 下地として使用すると、この後につけるパウダーファンデーションのフィット感が高まります。 つけたまま寝てもお肌を傷めないので、ナイトファンデとしてもお使いいただけます。 ネネファンデーションはお肌が「自然に明るく見える」ことが特徴です。 薄付きなので、男性にも使いやすい仕上がりになっています。 洗顔で落ちるので、クレンジングもかんたん。 メイクに抵抗のある方こそ、身だしなみメイクのスタートとしてお使い下さい。

お肌を乾燥させないためにしたいこと

日中の保湿ケアと合わせてやっておきたい対策を紹介します。

朝晩のスキンケアをていねいに

毎日するスキンケア。
「なんとなく化粧品を塗っているだけ」のケアになっていませんか?
初心を忘れず、ていねいなスキンケアを心がけてください。
お肌の状態や外気の乾燥レベルなどにあわせて、使う商品を変える・使用量を調整するなど、今どんな保湿ケアが必要か考えるようにしましょう。

湿度を気にする習慣を

お肌の乾燥がはじまる目安が、湿度50%です。
神経質に湿度を管理する必要はありませんが、湿度が適切かどうかを気にするようにしましょう。
湿度が低いなら、洗濯物を室内で干す・霧吹きで水をまく・加湿器を使うなど工夫すると〇。

体の内側をうるおす

私たちのお肌のうるおいにかかせないのが、体内の水分です。
のどの渇きに関係なく、こまめな水分補給を心がけましょう。
なお、冷たい飲み物は、体の内側を冷やしてお肌トラブルの原因になるのでご注意を。

いつでも「うるつや肌」をキープしましょう

すみずみまでうるおいに満ちたお肌は、内側から湧き出るようなツヤが感じられるもの。
逆に、乾燥したお肌は、シワシワで色もくすみ、老けた印象になりかねません。
朝晩+日中の保湿ケアで、うるつや肌を守りましょう。

メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今メルマガまたは公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!
セグロラ化粧品メルマガはこちら