segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

セグロラ通信

21.07.29

紫外線をたくさん浴びて日焼け!正しいアフターケアで美肌を守りましょう

夏は、海や山、プールにバーベキューと、屋外レジャーが楽しめる季節。
ところが、7〜8月は1年でもっとも紫外線量が多い時期です。
紫外線対策をきちんとしても、真っ黒に日焼け…という経験をしたことってありますよね。
日焼けしたときこそ、アフターケアが重要です!
紫外線ダメージは、シミやたるみなどお肌の老化原因の7〜8割を占めると言われています。
日焼けするほど紫外線を浴びた後のケアを、チェックしておきましょう。

紫外線とお肌の関係

抜けるような青空の元、太陽の光をいっぱいに浴びるのは気持ちが良いもの。
ですが、シミやくすみなど、お肌の老化を招く紫外線が気になる方も多いのではないでしょうか。
まず、紫外線とお肌の関係を見ていきましょう。

紫外線A波と紫外線B波

地表に届く紫外線はA波とB波の2種類です。
お肌にどんな影響を及ぼすかを知っておきましょう。
紫外線A波(UVA)はシワやたるみなど、お肌の老化を招きます。
お肌の奥深くに到達し、ハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンなどを破壊。
さらに、ハリ成分を生み出す線維芽細胞を傷つけるので、コラーゲンなどを新たに生成する力が衰えます。

紫外線B波(UVB)は、お肌の一番上にある表皮にダメージ。
活性酸素が作られ、乾燥や炎症を引き起こします。
すると、お肌を黒くするメラニンが過剰に合成され、シミやそばかすになるのです。

【豆知識】メラニンはお肌を守っているって本当?

シミやくすみの原因として嫌われがちなメラニンですが、外的刺激(紫外線・炎症・虫刺され・摩擦など)からお肌を守る役割があります。
さらに、髪の毛が黒くなるのはメラニンがあるからですし、私たちの地肌の色の白さ・黒さを決定し、お肌の色を維持するのにもかかせません。

日焼けは2種類ある

紫外線をたっぷり浴びて、お肌が赤くなる日焼けは「サンバーン」、時間をおいてお肌が黒くなる日焼けは「サンタン」といいます。
それぞれ、詳しくチェックしておきましょう。

赤い日焼け「サンバーン」

紫外線B波のダメージにより、お肌表面が炎症を起こして赤くなります。
紫外線でやけどになった状態です。
ひりひりした痛みを伴い、皮ふが剥けることも…。
お肌に起きた炎症のダメージから細胞を守るため、メラニンが生成されます。

黒い日焼け「サンタン」

お肌が黒くなるサンタンは、紫外線A波、B波両方のダメージが原因です。
紫外線を浴びると、2〜4時間後にお肌が黒くなります(1次黒化)。
これは、新しくメラニンが作られるために黒くなるわけではありません。
もともとお肌にあったメラニンが、紫外線A波によって酸化されて起こります。

紫外線をたくさん浴びてから、数日後にお肌が黒くなるのが2次黒化。
紫外線ダメージから細胞を守るため、大量のメラニンが作られるのが原因です。
お肌がどれくらい黒くなるか、どれくらい黒いままなのかは人によって異なります。
例えば、メラノサイトの数が多く、作られるメラニンも多い色黒の人はサンタンを起こしやすいと言われています。
逆に、色白の人は、もともと皮ふに存在するメラニン量が少ない=紫外線防御力が低いため、紫外線B波のダメージでサンバーンを起こしやすくなります。

日焼けとシミ

通常、メラニンが作られても、お肌の新陳代謝「ターンオーバー」のプロセスの中で、古い角質と一緒に排出されシミにはなりません。
ですが、日焼けで炎症を起こすと、メラニンを合成するメラノサイトが活性化し続けて、メラニンが過剰に作られます。
同時に、ターンオーバーも乱れるので、メラニンがお肌に居座ることに…。
すると、色素沈着して、シミやくすみになってしまいます。
とはいえ、日焼けでお肌が黒くなるのは紫外線に対する防御反応なので、アフターケアをきちんとして、メラニンの排出を促せばOK!
「日焼け=シミになる」と必要以上に恐れなくて大丈夫です。

【注意!】
紫外線A波によるお肌の老化ダメージは大きいので、エイジングケアを考えるなら積極的な日焼けはおすすめしません。
しっかり紫外線対策をして、レジャーを楽しんでくださいね。

日焼けしたときのアフターケア

日焼け後すぐと、数日経過してからのケアは異なります。アフターケアの流れをチェックしていきましょう。

日焼け直後

日焼け直後は、お肌がやけど状態です。
また、肌表面のうるおいが奪われ、乾燥レベルも高め。
冷やす・保湿・インナーケアの3つのケアで、お肌を落ち着かせましょう。

①とにかく冷やす!
冷たい水でぬらしたタオルで、お肌の熱を取りましょう。
タオルが温まったら、再度、ぬらして冷たさをキープすると○。
15〜30分程度を目安に冷やしましょう。
なお、氷や保冷剤を直接当てるのは、日焼けで炎症したお肌には刺激が強すぎます。
氷を入れた袋や保冷剤に、タオルを巻いて使いましょう。

【注意!】
水ぶくれがある、皮ふがベロベロに剥ける、痛みが強いなどの場合は、早期に皮ふ科を受診しましょう。


②低刺激な化粧品で保湿
「日焼けしたから美白化粧品を使おう!」と考えるかもしれません。
ですが、紫外線で大ダメージを受けたお肌は、とてもデリケートな状態。
美白化粧品など高機能タイプのアイテムは、配合成分がお肌に刺激になる可能性があります。
低刺激な化粧品でお肌にうるおいを与えましょう。
日焼け後、数日間〜1週間程度は、お肌の鎮静期間と考え、低刺激なケアに徹すると○です。

【日焼けのアフターケアはAPローション&ブレンドジェルクリームで♪】
デリケートな赤ちゃんのお肌にも使える、やさしい化粧水とオールインワン化粧品。
日焼け直後のクールダウンが終わったら、APローションで顔・ボディのコットンパックをしましょう。
たっぷりのうるおいをお肌にチャージしたら、ブレンドジェルクリームで保湿します。
普段、ブレンドジェルクリームだけをお使いの方も、お肌が落ち着くまではAPローションを併用すると○。
お肌の内側をうるおいで満たし、ジェルの浸透をサポートしてくれます。

価格:7,700円(税込)

商品詳細を見る

この記事からご購入の方に10%オフクーポンプレゼント!
クーポンコード「eRcdzD」を購入の際に入力してください。
※おひとり様1回限り

APローションは、さっぱりとした使い心地ながらしっかりお肌を潤す、敏感肌の方にもお使いいただける化粧水です。どんな肌質にも馴染むので、混合肌・オイリー肌の方にもおすすめです。 赤ちゃんから大人までどなたでもお使いいただけるよう、人間が本来持っている天然保湿因子(NMF)に欠かせない必須アミノ酸や植物エキスをバランス良く配合しました。 すぐお肌に入り込むので、二度、三度重ね付けしてもさっぱり・しっとりのまま。 スキンケアはもちろん、乾燥が気になる頭皮・肘・かかと、赤ちゃんの身体の保湿にも使えます。 ジェルやAPクリームと混ぜて保湿力を高めるのもおすすめです。 乾燥にお悩みの方には、就寝前にAPローションとAPクリームを掌で混ぜてのお手入れがおすすめです。

価格:3,850円(税込)

商品詳細を見る

この記事からご購入の方に10%オフクーポンプレゼント!
クーポンコード「eRcdzD」を購入の際に入力してください。
※おひとり様1回限り

ブレンドジェルクリームは、植物エキスをふんだんに用いた子供から大人まで使えるオールインワンジェルです。
選び抜かれた20種以上の高ランク植物エキスを高濃度・高配合。お肌に優しい成分を意識して作り上げ、長年お客様から愛されている商品です。
ゲル状なのでお肌を擦らず、穏やかにケアができます。
洗顔後のスキンケア、髭剃り後の肌の保護、化粧下地、赤ちゃんのマッサージ、角質落とし等、様々なシーンでお使いいただけます。

③インナーケア
日焼け直後の美白ケアは、インナーケアでするのがおすすめ。
抗酸化作用、ターンオーバーサポート、血液の流れを促すなどの効果がある栄養素は、美白ケアに有用です。
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群(とくにビタミンB2とB6)を積極的に摂取しましょう。
食事だけでは不足しがちな方は、サプリメントを利用するのも良いですね。

2〜3日してお肌が落ち着いたら

日焼け直後の低刺激なケアでお肌が落ち着いたら、通常のスキンケアに戻ってOKです。
美白化粧品を使いたい場合は、このタイミングで投入を。
なお、美白化粧品は「メラニンの合成を抑制」「ターンオーバーを促してメラニン排出をサポート」などの効果が期待できます。
ただし、美白化粧品といっても、使ったらすぐにお肌が白くなるわけでも、シミが消えるわけでもないのでご注意を。

そもそも、日焼けがシミになる流れは「日焼け⇒お肌の乾燥&メラニンがたくさん作られる⇒ターンオーバーが乱れてメラニンが居座る⇒シミ」です。
ということは、ターンオーバーを整えて古い角質とともにメラニンを排出するのが、透明感あるお肌を守るカギ!
美白化粧品に頼るのも良いですが、美白有効成分は、お肌に刺激になりやすいものもあります。

敏感肌や年齢肌の方は「お肌にやさしい化粧品が使いたい」というのが本音なのではないでしょうか。
刺激を感じるのに無理に美白化粧品を使うと、お肌が炎症を起こしてシミを作る場合もあります。
お肌のコンディションに合わせた化粧品を選ぶようにしましょう。
特に日焼け後のお肌は、とてもデリケート。
敏感肌や年齢肌の方は、低刺激&高保湿な化粧品でターンオーバーを整えるケアに徹するのがおすすめです。

アフターケアで美肌を守りましょう

日焼けしたのにそのまま放置…なんていうのは絶対NGにですよ。
アフターケアをきちんとしたかどうかで、5年後・10年後のお肌に差が出ます。
シミやくすみに悩まないで済むように、本記事を参考にアフターケアは万全にしましょう。
もちろん、事前の紫外線対策もお忘れなく。

メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今メルマガまたは公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!
セグロラ化粧品メルマガはこちら