segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

セグロラ通信

21.10.21

運動が嫌いならお風呂を活用!反復浴ダイエットのすすめ

運動は苦手。
つらい食事制限は無理…と何度もダイエットに失敗した経験はありませんか?
だからといって「もう、ダイエットは無理」と諦めるのはまだ早い!
入浴は、痩せやすい体づくりに有用なんです。
さらに反復浴ならダイエットをがっちりサポートしてくれます。外気温が下がる秋冬は、湯船が恋しい季節。
お風呂ダイエットに取り組みやすくなります。
反復浴の効果・やり方をチェックして、今夜からチャレンジしてみませんか?

もともとお風呂はダイエットにむいている?

湯船に浸かると、体の疲れが取れて気持ちもリラックスできますよね。
また、美肌効果や体内リフレッシュ効果も感じられることでしょう。
これらの恩恵を受けられるのは、湯船に浸かると3つの作用が働くからなんです。

入浴のメリット

まず、3つの作用をチェックしておきましょう。

①温熱作用
湯船に浸かると体が深部から温まり、血液の流れが促されます。
栄養や新しい酸素が体のすみずみに運ばれると同時に、老廃物など不要なものが回収されます。
また、発汗が促されて、汗とともに体内の老廃物が排出。
さらに、体温上昇にともない基礎代謝がUPします。


②水圧作用
水の圧力で体が締めつけられると、血液やリンパ液の流れがスムーズになります。


③浮力作用
プールに入ったときのように体がプカプカ浮くことはありませんが、お風呂の中でも浮力は働いています。
体の力を抜くと、手足がふわっと浮きますよね。首まで浸かると体重の約1/10になるのだそうです。
重力から開放されて、心身ともリラックスできます。


さて、3つの作用を理解すると、入浴はなんとなくダイエットに良さそうな気がしませんか?
入浴とダイエットとの関係を見ておきましょう。

・血液やリンパ液の流れがスムーズになる=酸素や栄養が運ばれて、細胞の働きがサポートされる。痩せやすい体作りに有用
・大量の発汗=体内すっきりに役立つ
・基礎代謝UP=「1日の消費カロリー(基礎代謝+動いて消費したカロリー)」>食事で摂取したカロリー」になるのが、ダイエット成功のカギ
・リラックス=ストレスを感じたときに分泌されるホルモンは、食欲を抑えるホルモンの分泌を抑制する

いかがですか?
入浴はもともとダイエットに向いていることがわかりますよね。
体をキレイにするならシャワーだけでも良いですが、ダイエットに取り組むなら湯船に浸かる方が有用と言えそうです。

10分の全身浴の消費カロリーは約14kcal

入浴がダイエットに好影響といっても、消費カロリーそのものは多くありません。
10分の全身浴でおよそ14kcalですから「え?それだけ?」と感じる方もいるでしょう。
ですが、消費カロリーを大幅にUPする入浴法があるんです。
それが反復浴!
やり方をマスターして、入浴そのものでもカロリーを消費すれば、ダイエットにはずみがつきますよ。

【memo】入浴は「体調と相談する」を基本に

入浴は、多かれ少なかれ体に負担になる行為です。
入浴にまつわる事故のニュースを見たり聞いたりすることも多いはず。
体調が悪いときなどは、無理に入浴するのは危険です。
本記事ではダイエットにおすすめの反復浴を紹介しますが、通常の入浴以上に体力を使います。
そのため、以下に該当する方は、反復浴を絶対に行わないでください。

・持病がある、妊娠している…ダイエット方法は、かかりつけ医に相談を
・体調が悪いと感じる…無理をするのは×
・食事制限ダイエットをしている…エネルギー不足になるので×
・貧血…反復浴により、めまい、立ちくらみ、吐き気などの可能性あり

反復浴ダイエットとは?

正式には「高温反復入浴法」と言います。
高温の湯船に浸かるのと、休憩するのを繰り返す入浴法です。
1回の入浴で200〜400kcal消費できるとされています。
早足のウォーキング20分の消費カロリーは約75kcanなので、それと比べても、しっかりダイエットをサポートしてくれそうですよね。
しかも、最初に触れた通り、入浴には3つの作用があるので相乗効果が期待できます。

反復浴ダイエットのやり方

注意点を守り、正しいやり方で行ってください。

①41~42℃のお湯でお風呂を沸かす
【point】体を温め代謝をUP&たっぷり発汗のために、熱めのお湯を沸かします。
②入浴前にコップ1杯の常温の水を飲む
【point】大量に発汗するので、必ず水分を補給してから入浴してください。
③かかり湯をして体を慣らす
④ゆっくり湯船に入る。みぞおちくらいまで2分浸かって熱いお湯に体を慣らす
⑤肩までお湯に浸かる(1分)
⑥5分の休憩。その間に、湯船からでて頭(体)を洗ってもOK
⑦肩までお湯に浸かる(3分)
⑧5分の休憩
⑨肩までお湯に浸かる(3分)
⑩入浴後にコップ1杯の常温の水を飲む
【point】発汗した後なので、再度、水分補給を。体が熱いからと冷たい水を飲むと内蔵を冷やすので、常温またはホットの飲み物がおすすめです。
⑪横になるなどして休憩する
【point】入浴後は体がだるくなることも。体のほてりがとれるまで休憩しましょう。

反復浴のお供に「リコソルト」をどうぞ♪

天然の岩塩「リコソルト」は温浴効果を高めたり、豊富なミネラルがお肌のうるおいを守ってくれたりと、メリットがたくさんあります。

・バスソルトとしてひとつかみ湯船に入れる
入浴後も体ポカポカをキープして、ダイエットをサポート。

・コップ一杯の水にひとつまみ混ぜる
発汗で失われるミネラル補給ができるので、入浴前後の水分補給に活用できます。

・ボディスクラブにして角質ケア
リコソルト大さじ1〜2と植物油大さじ1を混ぜたボディスクラブは、角質がたまってごわつきやすいひじやひざ、かかとのケアにぴったり!
植物油は、ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、オリーブオイルなどがおすすめです。(注意:食用ではく、化粧品グレードのオイルを準備してくださいね)
体を洗ったら、角質が気になる部分にスクラブをのせ、やさしくマッサージして洗い流しましょう。
つるんっとした肌に整います。

価格:3,850円(税込)

商品詳細を見る

この記事からご購入の方に10%オフクーポンプレゼント!
クーポンコード「cKN1SD」を購入の際に入力してください。
※おひとり様1回限り

アメリカ・グランドサリン産の、不純物の少ないきれいな層から採掘された天然の岩塩です。
粒子が細かくサラサラしています。
生野菜、煮物、揚物、焼物等、素材の味が引き出され甘味、旨味が増します。
塩の殺菌・除菌効果により、うがいに使用すると風邪を引きにくくなると言われています。
歯磨き粉の代わりに使えば口臭予防も期待できます。
お好みのエッセンシャルオイルとブレンドしてバスソルトとして使ったり、シャンプーと混ぜてボディスクラブにしたりと、多岐に渡った使い方が可能です。

気をつけたいポイント

反復浴で気をつけたいポイントをまとめました。
入浴前に、熟読しておいてください。

①入浴前後の水分補給は必ず!
やり方でも記載したとおり、水分補給をお忘れなく。
体内の水分不足は、血液ドロドロを引き起こします。
また、吐き気など、体調不良を招く可能性もあるので注意しましょう。


②立ちくらみやめまいに注意
熱い湯船に浸かって勢いよく立ち上がると、立ちくらみやめまいを起こしかねません。
湯船から出るときは、ゆっくり立つようにしましょう。


③体調不良を感じたら入浴を中止する
入浴中に、吐き気や動機、ふらつきがでる、何らかの違和感があるときなどは、お風呂から出て体を休めましょう。
無理に入浴して健康を損なっては、ダイエットどころではなくなってしまいますよ。

反復浴と合わせて取り組みたいこと

反復浴がダイエットに○といっても、暴飲暴食を続けたり、毎日ゴロゴロしたりしていては思うような結果は得られません。
ダイエットを本気で考えるなら、反復浴だけでなく「できる範囲で、できることを頑張る」のが大切です。

「1日の消費カロリー>摂取カロリー」を意識して

さまざまなダイエットに取り組んでも痩せなかった経験があるなら、食事のカロリーが多すぎる可能性大です。
食事は洋食よりも和食、可能なら一汁三菜を意識して。
また、お腹一杯食べずに、腹八分目にとどめましょう。
おやつを食べたいときは、糖質15g以内を心がけると○。
市販の低糖質おやつ、果物、アーモンドなどがおすすめです。

ほんの少しだけでいいので運動する

運動は、すこやかな心身のためにも取り組みたいところ。
1日数分でもOKですし、毎日続かなくても構いません。
運動嫌いであっても、TVを見ながら太もも上げ、寝る前にストレッチなど、できることをやってみましょう

しっかり眠ってダイエットモードを高める

睡眠中は脂肪を分解するホルモンや、食欲を抑えるホルモンが分泌されます。
そのためには、良質な眠りがかかせません。
夜遅くまでTVを見たり、スマホをいじったりしていませんか?
夜ふかしや寝不足は美容にも悪影響です。

反復入浴法+αの取り組みは、美肌&美ボディづくりに良い影響を与えます。
ダイエットの目標達成を目指して、ぜひ、今日から取り組んでみてくださいね。

公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!