トップページ > ベビー&キッズスクール > 子供達の未来の生きる力、輝く心

ベビーマッサージで、子ども達の生きる力を磨く!

ベビーマッサージを初めて13年。
ベビーマッサージとは言いましても、生後数日のお子様から、0歳~3歳のお子様が多いのですが、幼児・児童にもさせて頂いています。
アクアーリオをじゃぶじゃぶかけながらすることで、胎児期、出生時のトラウマ(バーストラウマ)が出てきます。そして、感情を表に出して、それをママに理解し受容され、愛されていることに気づき、トラウマを手放していく。その心の動きと同時に身体が変わります。柔らかく暖かくより一層愛おしく感じ、涙が溢れ出ます。
そのプロセスを導きだしてくれる。真に「心身の浄化」を目の当たりにさせて頂くベビーマッサージです。
それまでニコニコして居たのに、突然悲しい声を胸の奥から絞り出す様に泣き出した子、その子は900g代で産まれた超低体重出生児でした。当然、NICUに直行で、母親とは離ればなれの日々が、そして辛い処置が待ち受けていたのです。
マッサージの会にいらした時には、「ミルクを飲まないで寝てばかりいて手がかからない」とのお話でした。マッサージが進むにつれて変化が出てきて、にこにこ笑いながら時々泣くのです、その後に、とても悲しい声で深く泣き、やがて怒りをだし、喉の奥から「おえ~っつ」と嗚咽が!そのときママさんが「産まれたときと同じだわ、鼻から管を入れられて。。。」と言われました。
終了後には、お顔の表情がとても幼くなり、ほんわかと身体全体が柔らかくなっています。終了後に「これからは、特に2~3日は今までよりも甘えて来ますので、しっかりと受け入れて甘えさせてあげてくださいね。」とお伝えしてお別れしました。
また、別のマッサージ会では、終了後に「あら~うちの子、色白になったわ~今まであまりに色黒いから『くろちゃん』て呼んでいたのに~」と、おっしゃるママさん。 そのお子様は身体中が堅くなっていて、首が短くなっていました。「早くから首がしっかりしていて『うちの子は首が据わるのが早いわ』と思っていませんでしたか?」とママさんにお聞きすると「はい。違うんですか?」と。
そうなんです。『首がすわる』と『首が詰まる』とは違うんです。そして、『首が詰まる』のお子様がとても多いことに驚きます。人間の発達段階において初期に行なわれるとても大切なことがなされないままに発達すると、そこから身体の不調和・不快が始まります。
自分を振り返ってみて、何かに驚いたり、恐い事があると肩に力が入り、首を縮めてしまいますよね。悲しい事や嫌な事があると、うつむいて肩が前に来て胸が縮まりますよね。赤ちゃんも同じですよ。そして、首肩や腰がこって辛いときは、楽しくなれないし、動きにくいけれど同じ姿勢でいるのも辛いですよね。赤ちゃんや子どもたちも同じですよ。ごそごそ落ち着きのないお子様のなかには、身体に歪みや堅さのある場合が多いです。「猫背で姿勢が悪い」「椅子にちゃんと座っていられない」「『疲れた』ばかり言う」などというお子様も、気づいたときから参加して頂きたいです。それぞれに理由があるのです。
身体と精神・心は、とても密着な関係があります。
「身体と精神・心両方を同時に癒し、抱えてしまった要らない物事を手放し、本来の姿に磨き上げる」そんなイメージを実感させられる体験です。

セグロラ化粧品との出逢い!

ベビーマッサージをしている中で、オイルマッサージでは納得がいかず、他にもっと良いものがないのかと何年も探し求めていました。そして、セグロラ化粧品と出会い製品に対する熱意やこだわりにとても感動し、共同で納得できるジェルが出来上がりました。私の願いを叶えた商品です。
今、生まれてきているお子様達は、人の体内に化学物質を取り入れるようになって、3世代目になります。子供達が抱えてる問題は深刻で「手足やお腹の冷え、皮膚のトラブル、便秘、体の歪み、体の硬さ、夜泣き、眠りが浅い、落ち着きの無い」などの症状を持つお子様が増えています。その様な子供達の体や心のケアを気持ち良く、マッサージが出来るジェルがロハスベビージェルです。
それまでは向き合うことの出来なかった多くの大小様々な問題にも向き合いながらベビーマッサージをお伝えできる幸せを感じ、私自身は微力ながらも、沢山の出会った子ども達に教えて戴いたことを糧とし、今をそしてこれからを生きる子ども達とその家族のハッピーを願って活動しています。
私達は、ベビー&キッズマッサージを通して「子供達の未来の生きる力、輝く心」を磨いてあげることが可能です。

    




    NPO法人「おてての会」
     代表 小林映美子先生