segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

セグロラ通信

20.12.01

冬こそ肌の透明感UPのチャンス。クレイの力でクリアなお肌に

夏の紫外線ダメージのケアはきちんとしましたか?答えが「No」なら要注意です。夏のダメージが残ったお肌は、シミやくすみなどのトラブルが起こりやすくなります。

乾燥シーズンに突入し、デリケートに傾きがちなお肌の透明感ケアはクレイがおすすめです。クレイの魅力や使い方を紹介します。

目次

  1. ■夏のダメージがお肌を曇らせる
  2.  ・シミの原因メラニンはどうして作られるの?
  3. ■冬はクレイでやさしくケアを
  4.  ・シミ対策には美白化粧品を使うべき?
  5.  ・透明感を取り戻すならクレイがおすすめ
  6.  ・クレイパックは手作りできる
  7.  ・市販のクレイパックの選び方
  8.  ・お肌の透明感を底上げ!マリンパック
  9. ■クレイパックにまつわるQ&A
  10.  ・毎日使ってもいい?
  11.  ・使うタイミングは?
  12.  ・目元に使うのはあり?
  13.  ・クレイパックが乾いて洗い流すのが大変なときは
  14.  ・顔以外にも使える?
  15.  ・アレルギーが出やすい、アトピーでも使える?
  16.  ・排水管に詰まりそうで心配
  17. ■澄んだ冬空のように明るく輝いたお肌を叶えよう
  18. ■メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!
  19. ■おすすめ関連記事

夏のダメージがお肌を曇らせる

最近、鏡を見て「あれ?シミができているかも…。それに、お肌もくすんでいるわ」と感じませんでしたか?

夏にたっぷり浴びた紫外線のダメージが、少しずつ表に出てくるのが秋。その時にきちんとケアしていないと、シミやくすみが目立つのが今です。

しかも、冬は外気の乾燥によってお肌がゆらぎやすいので、さらに曇った肌印象になってしまいます。まず、お肌の透明感を低下させるメカニズムをチェックしていきましょう。

シミの原因メラニンはどうして作られるの?

紫外線がシミやくすみの原因になることは、多くの方がご存知でしょう。それでは、お肌の中で何が起きているのか、簡単にチェックしておきましょう。

紫外線を浴びると、お肌をダメージから守るために「メラニンを作れ」という指令がメラノサイトに出されます。メラニンはシミの元になるため嫌われがちですが、本来はお肌を守るためのものです。

お肌の手で触れられる部分を表皮と言い、その一番下にある基底層にメラノサイトは存在します。

作られたメラニンは、お肌が新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーの過程で、基底層から徐々にお肌表面に移動。メラニンは、ターンオーバーの最後に古い角質と一緒にお肌の外に排出されます。

しかし、夏は1年でもっとも紫外線量が多く、どんなに対策してもお肌へのダメージをゼロにできません。メラノサイトはどんどんメラニンを作り出し、日焼けするほど紫外線を浴びれば過剰にメラニンが生成されます。

さらに、紫外線ダメージによってターンオーバーが滞るので、排出されない古い角質が層のように重なる角質肥厚の状態に。メラニン色素が沈着して、シミやくすみを引き起こします。

したがって、夏のお肌ダメージのケアが手抜きだった場合、冬になってシミが出てくる&お肌がどんより曇りがちということになるのです。

ですが、今からでもできるケアがあります。本記事を参考に、お肌の透明感を底上げしましょう。

冬はクレイでやさしくケアを

外気の強い乾燥や体の冷えによって、お肌の表面にある角質層内部はダメージを受けています。今の時期のお肌は超デリケートと心得ましょう。

少しの刺激でも肌荒れなどのトラブルにつながりかねないので、透明感ケアはやさしくが基本になります。

シミ対策には美白化粧品を使うべき?

シミやくすみが気になるとき、美白化粧品を思い浮かべる方も多いはず。特に夏には美白美容液がお店にずらりと並び、スキンケアに取り入れた方もいるのではないでしょうか。

ところで、美白化粧品は「シミが消せる」「シミ対策に欠かせない」と考えていませんか?ここで、美白化粧品について簡単におさらいしておきましょう。

まず、美白化粧品はシミが消せるわけではありません。特に、はっきり濃いシミが定着している場合は、肌の構造そのものが変質しているので、皮膚科や美容クリニックなどで治療が必要です。

一般に、美白化粧品には「薬用」「医薬部外品」と記載されています。厚生労働省から「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」として認可された美白有効成分が、一定濃度以上配合された化粧品のことです。

美白有効成分に期待できる効果は、大きく3つあります。

①メラニンの生成をおさえる
②ターンオーバーを促して、メラニンの排出を促す
③作られたメラニンを分解する

ちなみに、美白ケア成分としてビタミンC誘導体やアルブチンなどがあげられますが、これらの成分がはいっていれば上記の効果が得られるわけではありません。

メラニン生成抑制やシミ・そばかすを防ぐのは薬用の美白化粧品であることをおさえておきましょう。

それでは「やっぱり、冬の美白ケアは美白化粧品がいいの?」というと、そうとも言えません。

お肌をていねいにケアして、すこやかな状態をキープできていればシミやくすみは起こりにくくなります。また、一般的に、美白有効成分はお肌への刺激が強いと言われています。

夏のダメージが残り、冬の外気の乾燥にさらされたお肌はとてもデリケートなので、美白有効成分によって肌荒れやかゆみなどのトラブルを引き起こしかねません。

したがって、冬のお肌の透明感ケアは次のポイントをおさえるのが大切です。

・乾燥しがちなお肌をうるおしつつターンオーバーを整え、角質をためない
・古い角質は穏やかに取り除く

具体的にどんなケアが良いかというと、スキンケアの保湿を強化しつつ、クレイをプラスするのがおすすめです。

透明感を取り戻すならクレイがおすすめ

クレイとは泥のことです。クレイが透明感ケアに良い理由を見ていきましょう。

①ミネラルが豊富
保湿効果が期待できるので、お肌のうるおいを守れます。お肌のキメが整い、透明感ある肌印象に。


②通常の洗顔では落としきれない古い角質や毛穴汚れをオフ
夏のダメージによって蓄積した古い角質を穏やかに取り除き、くすみのないクリアな肌印象が叶います。すこやかなお肌の土台が作られ、ターンオーバーを整えるのにも有用です。


なお、クレイと一口にいっても種類がいくつかあるので、代表的なものを紹介します。

・マリンシルト
沖縄の海底からとれるクレイで、吸着力が高いので毛穴汚れや黒ずみをしっかりオフ。肌をワントーン明るく整えてくれます。

・カオリン
吸着力にすぐれる超微粒子のクレイです。古い角質のほか、毛穴の奥の汚れを落としてくれます。穏やかな洗浄作用なので乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。ファンデーションやフェイスパウダーの基材にも使われています。

・ガスール
モロッコで産出されるクレイで、モロッコでは古くから洗顔や洗髪に使われています。カルシウムやマグネシウムなどミネラルが豊富なので、高い保湿効果が期待できます。

・モンモリロナイト(ベントナイト)
超微粒子で毛穴の奥の汚れ、特に皮脂汚れを吸着するのでニキビ肌の方におすすめです。

クレイパックは手作りできる

市販品の場合、クレイは洗顔やパックに配合されています。夏のダメージで角質が蓄積したお肌にはパックのほうがおすすめです。

ちなみに、材料さえそろえればパックは手作りできますよ。レシピを2つ紹介します。いずれも洗顔後の清潔なお肌にパックを塗り、10~15分したらぬるま湯で洗い流してください。

【シンプルなクレイパックの作り方】

材料
・お好みのクレイ 大さじ1.5~2
・精製水 大さじ1~2

濃すぎるとパックが塗りにくい&乾きやすいので、なめらかな質感になるよう水分量を調整してください。

【うるぷるお肌に導くクレイパック】

材料
・お好みのクレイ 大さじ1.5~2
・プレーンヨーグルト 大さじ1
・ハチミツ 小さじ¼
・お好みのフォローラルウォーター 大さじ1~2

シンプルパックよりも保湿力が高く、洗い流した後はうるおいあるもっちり肌に。

【memo~市販のクレイパックを選んでもOK】

手作りクレイパックは自分で好きな材料を組み合わせられるメリットがありますが、デメリットも。

・材料購入や管理…通販で購入する手間がかかる。材料によっては冷蔵保存が必要。消費期限が短い

・衛生面…材料が劣化しても自分では気づかない可能性あり。手作り器具は消毒が必要

・お肌を乾燥させる…特にシンプルなクレイパックは保湿成分が少ないため、お肌を乾燥させる可能性がある

市販のクレイパックは、各メーカーが保湿力や洗浄力などにこだわって開発しています。手軽にお肌の透明感をUPさせるなら、市販のパックを活用してはいかがでしょうか。

市販のクレイパックの選び方

市販のクレイパックを買うなら、3つのポイントをおさえて商品を選びましょう。

①ベースとなるクレイが肌質や目的に合うか
クレイパックの主成分となるクレイの種類を確認しましょう。夏のダメージが残り、さらに冬の外気で乾燥した肌には、穏やかな洗浄力のカオリンや保湿力にすぐれたガスールがおすすめです。

カオリンやガスールは穏やかに古い角質を落として、ワントーン明るい肌印象を叶えてくれます。


② 保湿&エモリエント成分や整肌成分は配合されているか
パックを洗い流すとき、多かれ少なかれお肌のうるおいが奪われます。したがって、保湿&エモリエント成分配合のパックを選びましょう。

また、整肌成分が配合されていれば、キメが整って透明感あるお肌に。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの高保湿成分や植物エキス、植物油が入っているパックがおすすめです。


③ 肌に刺激になる成分は入っていないか
クレイそのものに洗浄作用はありますが、補助的に洗浄成分が配合されている場合があります。その成分の洗浄力が高すぎると、お肌に負担になるので注意してください。

敏感肌ならエタノールなど、お肌に刺激になりやすい成分が入っていないかもチェックすると良いでしょう。


セグロラ化粧品では、美肌力を高めるクレイパック「マリンパック」をご用意しています。「デリケートなお肌でも使える」にこだわって開発した商品ですので、冬の透明感ケアにぴったりです。

お肌の透明感を底上げ!マリンパック

天然の粘土カオリンをベースにしたクレイパックです。古い角質や毛穴につまった汚れを取り除いて、キメの整ったクリアなお肌に導きます。

ミネラル豊富なアルゲエキスが、うるおいを守りながらふっくらハリのあるお肌をサポート。

さらに、コラーゲン、オウゴンなどの植物エキスなどの保湿・美肌成分をバランス良く配合し、お肌が美しくなろうとする力を引き出します。

ぜひ、マリンパックを週1回のスペシャルケアに取り入れて、ワントーン明るいお肌を目指してくださいね。

なお、シミや体のぶつぶつ・できものなど、お肌トラブルが気になるパーツは、毎日パックしてもOKです。

【セグロラ化粧品ならではの使い方】

マリンパックは弊社のリキッドファンデーション「ネネファンデーション」に極少量を混ぜればベースメイクにも活用できます!

もちろん、お手持ちのリキッドファンデーションと混ぜてもOKです。

①コントロールカラーとして
ネネファンデーションとマリンパックを混ぜたら、頬の赤みが気になる部分に指の腹でやさしくポンポンとなじませましょう。

②下地効果をUP
ネネファンデーションとマリンパックを混ぜてお顔全体に塗れば、透明感あるお肌の印象に。また、クレイの皮脂吸着効果により、化粧持ちも良くなります。

乾燥シーズンは、マリンパックを混ぜる量によってお肌の乾燥を感じる可能性があります。その場合は、ブレンドジェルクリームやAPクリーム、またはお手持ちのクリームを少量混ぜて保湿力を調整してくださいね。

【セグロラ化粧品社長のワンポイントアドバイス】

「肌は体を映す鏡」と言われています。お体の調子が悪いと感じるとき、お肌にもトラブルが出ることはありませんか?そんな時は、トラブルがある場所にマリンパックをしてみましょう。

天然の粘土カオリンと海草・オウゴンなどの漢方植物成分を加え、手軽に素早く美肌力を活性できる、洗い流すタイプのパックです。 古いお肌の角質やくすみ、毛穴汚れ、ざらつき、ごわごわを取り除きます。 洗顔では取り切れない毛穴汚れを吸着し、お肌のキメ・化粧水の浸透力・メイクのノリを高めます。 シミ、二の腕のブツブツ、背中のできものなどが気になる方はピンポイントで毎日お使い下さい。 新陳代謝が気になる方のエイジングケア、日焼け後の鎮静ケアにもおすすめです。 週末のスペシャルケアとしても、気になる部分への毎日使いとしてもお使い頂けます。 ※ペーストの緑色は銅クロロフィリンNa(葉緑素)によるものです。

お肌を明るく元気に見せる、薄付きのリキッドファンデーションです。
素肌を元気に美しく導くため、シルク・クロレラ・アロエベラ等の美容成分を豊かに配合。
乾燥によるくすみ、毛穴や凹凸をカバーし、お肌のキメを整えます。
また、紫外線からお肌を守るUV効果も期待できます。
下地として使用すると、この後につけるパウダーファンデーションのフィット感が高まります。
つけたまま寝てもお肌を傷めないので、ナイトファンデとしてもお使いいただけます。
ネネファンデーションはお肌が「自然に明るく見える」ことが特徴です。
薄付きなので、男性にも使いやすい仕上がりになっています。
洗顔で落ちるので、クレンジングもかんたん。
メイクに抵抗のある方こそ、身だしなみメイクのスタートとしてお使い下さい。

クレイパックにまつわるQ&A

クレイパックを使う前に、気になる点は解消しておきましょう。よくある疑問にお答えします。

毎日使ってもいい?

基本は週1回程度のスペシャルケアに使用しましょう。毎日でも使えますが、乾燥シーズンなどは肌の乾燥を悪化させる可能性も。

ちなみに、セグロラ化粧品のマリンパックは、穏やかな洗浄力と高い保湿力があるので、シミやくすみが気になる場所には毎日お使いいただけます。

いずれにしても、肌コンディションに合わせて使うのがベターです。

使うタイミングは?

洗い流すクレイパックは、お風呂で使うと便利です。入浴で体が温まると、毛穴が開いて汚れ落ちもUP。より透明感のあるお肌が叶います。

寒い日は、人肌程度に温めた蒸しタオルを3~5分お顔にのせて、その後にパックするのもおすすめです。

目元に使うのはあり?

目の周りは避けるのがベター。クレイの粒子が細かいので目に入ると思わぬトラブルの原因になりかねません。

万が一、目に入った場合はこすらずに洗い流しましょう。違和感が残る場合は、眼科を受診してください。

クレイパックが乾いて洗い流すのが大変なときは

クレイは乾くと固まるので、洗い流すのが手間と感じる方もいるでしょう。その場合は、パックをお肌に塗った後に、上からラップをしておくと良いですよ。

顔以外にも使える?

市販品で注意書きがある場合をのぞいて、体にも使えます。ゴワツキがちなひじ、ブツブツが気になる二の腕のケアにもおすすめです。

アレルギーが出やすい、アトピーでも使える?

肌質や体調によっては、肌トラブルが出る可能性は否定できません。もともとお肌が弱い方は、クレイパック前にパッチテストしてかゆみや発疹が出ないか確認しましょう。

排水管に詰まりそうで心配

クレイは粒子が細かいので、排水管がつまることはありません。ただし、一度に大量にクレイを流すのはやめましょう。

澄んだ冬空のように明るく輝いたお肌を叶えよう

今回は、冬の透明感ケアにおすすめのクレイについて紹介しました。週1回のスペシャルケアにクレイパックを取り入れて、明るく輝くようなお肌を目指しましょう。

なお、夏のダメージが残っているお肌、冬の強い乾燥にさらされたお肌はうるおいを守る力が弱くなっています。クレイ後は保湿の徹底をお忘れなく♪

メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今メルマガまたは公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!
セグロラ化粧品メルマガはこちら

おすすめ関連記事