segurora_cosmetics 公式オンラインショップ

新着情報

21.03.30

シミのない肌は食べ物で作れ!すべてコンビニで買える、日焼け・紫外線対策できる食べ物集めました。

春、それは目覚めの季節。
地中に眠っていた種や球根が青々と顔を出し、花弁が開き、陽気と眠気を運んでくる季節。
この目覚めの時期に増えてくるものが紫外線。
スキンケアで予防するのももちろん大切ですが、体の中からのケアも重要です。
むしろそちらの方が欠かせません。
春から紫外線対策を万全にして、余分な肌ダメージを負わないよう取り組んでいきましょう。

目次

  1. コンビニを活用しよう
  2. 日焼け・紫外線対策に必要な栄養素
  3.  ①ビタミンA
  4.  ②ビタミンC
  5.  ③ビタミンE
  6.  ④リコピン
  7.  ⑤ねばねば・ぬるぬる食材
  8.  ⑤タンパク質
  9. おすすめコンビニメニュー
  10. ・たらこスパ
  11. ・トマトジュース・緑茶
  12. ・トマトパスタ
  13. ・ほうれん草の胡麻和え
  14. ・パック入りめかぶ、なめこの味噌汁
  15. ・千切りキャベツ
  16. コンビニ続きが後ろめたく感じてしまう方のためのズボラ一品
  17. ・トマトとキャベツのスープ
  18. 上手に使えば、コンビニご飯は悪者にならない
  19. スキンケアも、楽な方がいい
  20. メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

コンビニを活用しよう

紫外線対策に便利なのがコンビニ。
コンビニご飯は不健康なイメージがありますが、それは食べるものの選び方次第。
お肌に必要な栄養素を意識しながら選べば、手軽に美肌ご飯が摂取できますよ。
食事を毎食作るのは大変です。
日焼けケアに必要な栄養をコンビニでうまく取り入れ、楽をしながらシミやくすみのないお肌を目指していきましょう。

日焼け・紫外線対策に必要な栄養素

①ビタミンA

皮膚や粘膜のすこやかな状態を保ってくれる栄養素。
日焼け後の皮膚の回復はもちろん、普段からきちんと摂っておきたいですね。
ビタミンAは野菜や乳製品に含まれています。
植物・野菜には、ビタミンAの前駆体「プロビタミンA」が多く含まれています。
プロビタミンは、体内のビタミンAが不足したとき必要な分だけビタミンAを作ってくれます。
βカロテンを始めとした赤や黄色の色素成分は、どんな野菜に入っているか想像もしやすいのではないでしょうか?

ビタミンAが含まれる食材や食べ物

チーズ
たまご
うなぎなど

プロビタミンAが含まれる食材や食べ物
ブロッコリー
にんじん
小松菜
ニラなど

②ビタミンC

メラニンの生成を抑える、コラーゲンの合成を補助するなどの働きがあります。
体内で生成できない&留めておけないため、こまめに摂取する必要があります。
水に溶けやすく加熱調理に弱いため、生食できる野菜や果実で摂る方が効率よく摂取できます。
加熱するなら、成分が溶け出したスープがおすすめです。

ビタミンCが含まれる食材・食べ物
キャベツ
緑茶
パプリカ
ブロッコリー
菜の花
イチゴ
キウイなど

③ビタミンE

新陳代謝のはたらきを助ける作用があります。
日焼けした肌に色素が沈着し、シミやソバカスになるのを防いでくれます。
シミを作らないためにも、積極的に摂りたい栄養素のひとつ。
脂溶性なので、油を使う料理で摂ると効果UPです。

ビタミンEが含まれる食材・食べ物
ほうれん草
かぼちゃ
アボカド
たらこなど

④リコピン

言わずと知れた、トマトに含まれる抗酸化物質。
紫外線を浴びることで増えてしまう活性酸素に対抗するならこれ。
生食よりも加工品の方が多く摂れます。

⑤ねばねば・ぬるぬる食材

めかぶのヌルヌルはアルギン酸、もずくのヌルヌルはフコイダンといったように、各食材でぬめりの成分は違いますが、ヌルヌルした食材にはどれも美容に欠かせない栄養素が含まれています。
含まれている成分をちょっと抜き出してみますね。

山芋…ビタミンB6、ビタミンC
オクラ…βカロテン
なめこ…トレハロース、コンドロイチン
もずく…フコイダン、βカロテン
めかぶ…フコイダン、アルギン酸

ビタミンB6は皮膚の抵抗力増進、
ビタミンCはメラニン生成抑制、
βカロテンは皮膚や粘膜の維持に欠かせないビタミンAの前駆体、
トレハロースは保水性維持、
コンドロイチンも保水性維持、
アルギン酸は保湿、
フコイダンは抗酸化…。
お肌に嬉しい成分が詰まっているのがねばねば・ぬるぬる食材。
いやあ、日本人で良かったですね。

低カロリーなものが多く、食物繊維も豊かで整腸やダイエットにも重宝するのも嬉しいところ。

⑤タンパク質

お肌に必要なのはなんといってもタンパク質。
お肌だけでなく、爪や髪の毛、筋肉と、全身を若々しく健やかに保つ為になくてはならない栄養素です。
今はどこのコンビニに行ってもタンパク質を意識した商品が売っているので、とても便利。
サラダチキン、カツオスティック、豆腐バー、アーモンドミルクなど種類も豊富なので、飽きが来にくいのが良いですね。
ちなみに豆腐バーはダイエットにもおすすめです。
これ一本を完食するだけで疲れますが、だからこそ余計に食べずに済む&タンパク質が摂れるところがポイント高めです。

おすすめコンビニメニュー

たらこスパ

たらこには、タンパク質・豊富なビタミン類ミネラルが含まれています。
紫外線や日焼け後のケアに大切なビタミンA.C.Eが全て含まれている他、皮膚や粘膜の損傷回復に必要なビタミンB2、骨の育成に必要なビタミンDも入っています。
たらこパスタに乗っていることが多いシソには抗酸化作用もあるので、たらこのパスタは紫外線対策にうってつけのコンビニご飯。
写真のパスタにはイカも乗っていますが、紫外線対策にはイカもおすすめです。
ビタミンD以外のビタミンを持っているうえ、アミノ酸スコアも高いですよ。

トマトジュース・緑茶

飲み物なら、トマトの抗酸化作用や緑茶のビタミンCが手軽に取り入れられます。
日差しの強い季節は珈琲やジュースはちょっと避けておいて、代わりにこういったものを選ぶようにしましょう。
※汗をたくさんかくような暑い日にはスポーツドリンクの方が良い場合もあります。その日の体調や天候と相談して下さい!

トマトパスタ

穀物と目当ての栄養素を一緒に摂れて、一品で完成している麺類。
トマトのパスタはどこのコンビニにもあり、またバリエーションも豊かです。
チーズが乗っていればリコピンと一緒にタンパク質ビタミンAも摂れます。

ほうれん草の胡麻和え
写真は菜の花で失礼します。

ビタミンEを含むほうれん草と胡麻(胡麻にはタンパク質も)が一緒に摂れる副菜といえばこれ。
ほうれん草がなかったら菜の花でもOKです。
菜の花にはβカロテンビタミンCビタミンE葉酸などが含まれています。

パック入りめかぶ、なめこの味噌汁

お肌の水分維持に大切な栄養素は海藻やヌルヌル食材で補いましょう。
めかぶは3パック入りで売っていることが多いのでお得です。
サラダでは量が多い、でもあともう一品欲しい!なんて時にはパック海藻やカップ味噌汁をプラスしてみましょう。

千切りキャベツ

ビタミンC、Kを豊富に含む他、ビタミンUジアスターゼで抗潰瘍や消化補助もこなすキャベツ。
そのまま食べても良し、パスタに乗せても良し、サラダに追加しても良しの最高に便利なビタミンC補給食材です。
カップラーメンやフライなど、油分の多いものを食べるときにも◎。
胃もたれを抑えてくれますよ。
100円程度で買えるので、店頭に置いてあったら迷わず買っていいくらいです。

コンビニ続きが後ろめたく感じてしまう方のためのズボラ一品

コンビニで買ったものをそのまま食べるのもいいけど、ちょっとくらい料理をしないとだめかしら…なんて思ったときは、料理をしてみてもいいです。
ただ、なるべく簡単な方が楽ですよね。
という訳で、ビタミンを含む野菜の本当に簡単な食べ方をちょっとご紹介します。

トマトとキャベツのスープ

抗酸化作用の大きいリコピンを持つトマトと、ビタミンCが豊かなキャベツを一緒にいただきましょう。
生野菜に飽きた時におすすめです。
キャベツ以外にも、余った野菜を突っ込んで作ってしまってもOKです。
(野菜は加熱しやすいものがおすすめ)

用意するもの
・トマトorトマトジュース
・千切りキャベツor家にあるキャベツ
・家にあるウインナーやベーコン(あれば嬉しいですが、なくても大丈夫です)
・コンソメなど好みの顆粒ダシ
・塩
・深めのタッパーや耐熱容器

作り方
①切る必要のある野菜、加工肉を適当にカットします
②器に水・顆粒ダシ・塩・キャベツ・トマト・加工肉を入れます。
③ラップをし、様子を見ながら600ワットで2~5分程度レンチンします。
 千切りならすぐ柔らかくなるので2分も温めればじゅうぶんです。
 切ったキャベツは少し時間がかかるので、様子を見ながら柔らかくなるまで温     めて下さい。
④キャベツが柔らかくなっていればOK。軽く混ぜて、味見をしてOKだったら完成です

最近はコンビニでも野菜が買えるので、トマトとキャベツを揃えるのは難しくないと思います。
トマトがなければ無塩トマトジュースで代用して下さい。
顆粒ダシはコンソメや鶏ガラ系がおすすめです。
コンビニで買ってきたパンと一緒に食事にするも良し、
少し濃い目に味をつけてスープご飯にしても良しです。
スープにすることで、ビタミンCやリコピンを無駄にすることなくいただけます。
卵を溶き入れたり、仕上げに胡麻油を垂らしてみたり、いくらでも好きなようにアレンジして下さい。
ポイントは「いかに手抜きをしながら紫外線対策ご飯を摂れるか」なので、できるだけ楽な方法で作って下さいね。
もちろん、料理や後片付けが苦じゃない方は普通にお鍋で作っていただいて大丈夫です。

上手に使えば、コンビニご飯は悪者にならない

コンビニで売っているお弁当やお惣菜には添加物が…なんてことも言われますが、コンビニも食品メーカーそういった声に応えて日々企業努力していますし、そもそも食品添加物は毎日一生口にしてもどうにもならない量しか添付されていません。
添加物に関しては、こういったページも参考にしてみてはいかがでしょうか。
リンク

お肉のお弁当を選んだらサラダも食べる、次の日はお魚にするなど、お弁当を買うときは選び方に気をつけましょう。
バランス良く食べることが美肌の源ですからね。
・メインのお弁当は好きなものを買う+トマトジュースを飲む(リコピン)
・おやつをスナック類でなく素焼きのナッツにする(ビタミンE)
・飲み物を買うときは緑茶を選ぶ(ビタミンC)
・ジャンクなものを主食にするときは副菜にほうれん草の胡麻和えやキャベツの千切りを買う(ビタミンC)
・昼食にはチーズを一切れ食べる(ビタミンA)
など、自分が取り入れやすい方法でお肌のために栄養素を摂っていきましょう。

スキンケアも、楽な方がいい

楽な方法で必要な栄養を取り入れた方がいいのは、お肌も同じ。
ひと塗りで
・保湿
・ツヤ
・キメ
・ハリ
が整うオールインワンジェルで、楽してきれいになりませんか?

価格:1,650円(税込)

商品詳細を見る

ブレンドジェルクリームは、植物エキスをふんだんに用いた子供から大人まで使えるオールインワンジェルです。
選び抜かれた20種以上の高ランク植物エキスを高濃度・高配合。お肌に優しい成分を意識して作り上げ、長年お客様から愛されている商品です。
ゲル状なのでお肌を擦らず、穏やかにケアができます。
洗顔後のスキンケア、髭剃り後の肌の保護、化粧下地、赤ちゃんのマッサージ、角質落とし等、様々なシーンでお使いいただけます。

いかがでしたか?
いつでもどこでも欲しい物が買えるコンビニエンスストアは、忙しい私達の頼もしい味方。
紫外線や日焼けに負けないお肌のため、上手に利用していきましょうね。

メルマガ・公式LINEでお得な情報を発信中!

セグロラ化粧品では、より美しく健康に過ごすためのコラムなどのお役立ち情報やお得なお知らせをお届けしています。
以下のリンクからぜひご登録ください。
今メルマガまたは公式LINEご登録いただくと、先着50名様に商品サンプルをプレゼント中!
セグロラ化粧品メルマガはこちら